BVE5 説明書(仮)

自分でもそのうち忘れそうな気がしたので、BVE5でBVE4用の路線データを運転する方法を書いておきます。本家で運転方法に関するページが公開されたらどうするかは未定です。

こちらのページの更新は停止します。今後追記する予定のBVE5対応データで車両を変えてプレイする方法などは、

http://tetsupc.wordpress.com/bve5-unten/

をご覧ください。

・BVE4のデータを変換して使用する

1,BVE5をダウンロード

本家サイトより、BVE5とコンバータをダウンロードします。

Bve trainsim website

ページ内の「ダウンロード」→「基本ソフトウェア」からダウンロード。

「Main Program – ソフトウェアー本体」と「Converter – BVE 4 データー用コンバーター」の2つです。「Senario Data – 路線・車両データー」は京成線のデータなので、必要に応じてダウンロードします。

BVE5本体は、正式版からインストーラとなっているので、ダウンロード後インストールします。


2,路線データをダウンロード

運転したい路線・車両のデータをダウンロードします。

先ほどダウンロードしたコンバータにて、BVE5で運転できるように変換しますが、BVE2用のデータはエラーが出やすいため、BVE4用のデータを使用をお勧めします。

個人的には変換時のエラーが少ない柏鉄道フォーラム様のデータがお勧めです。


柏鉄道フォーラム

掲載路線

  • 武蔵野線 (BVE5対応)
  • 成田線 (BVE5対応)
  • 常磐緩行線 (BVE5対応)
  • 関東鉄道常総線
  • 総武流山電鉄流山線

掲載車両

  • 武蔵野線(205系・103系・209系) (BVE5対応)
  • 京葉線(205系)
  • 成田線(E231系・103系・113系) (BVE5対応)
  • 常磐快速線(415系・415系1500番台・455系)
  • 常磐緩行線(203系・東京メトロ6000系チョッパ制御車・6000系VVVF制御車) (BVE5対応)
  • 房総特急(E257系500番台・255系)
  • 房総ローカル(113系・211系3000番台) (一部BVE5対応)
  • 成田エクスプレス(E259系・253系) (BVE5対応)
  • 関東鉄道常総線(キハ2300形)
  • 東京メトロ(05系8次車・5000系)
  • 総武流山電鉄流山線(2000系青空号)
  • 東葉高速鉄道(2000系)
  • 東武鉄道(8000系更新車・8000系未更新車)

3,路線データ・車両データを変換

ダウンロードした路線データと車両データを変換します。

路線データと車両データを別々にダウンロードした場合は、下の図のようにTrainフォルダに車両データの車両形式名のフォルダを配置し、Routeフォルダ以下にある変換するCSVファイルをテキストエディタで開き、

With Train,,,,,,,,,,,,,,,,,,;
,.Folder xxxxxxx,,,,,,,,,,,,,,,,,;

のxxxxxxxの部分(恐らく何か記述されていると思います)をTrainフォルダに設置した車両のフォルダ名に変更します。

そしてコンバータを起動し、出力先を任意の場所に設定します。次に変換したい路線データを選択し、路線データと車両データをそれぞれ変換するかどうか設定します。設定が完了したら、「START」ボタンをクリックして変換を開始します。

変換時、変換元の各データの階層は大体以下のようになっているか確認

bveFolder

問題がなければ、指定した場所に出力されています。

エラーが出た場合は、なぜエラーが出たか変換ログを見ると大体わかるので、色々とやってみると上手くいくかもしれません。

例:C:\Program Files\BVE・・・が見つからない

解決策:各ファイルへのパスが絶対パスで記述されているようなので、エラーにある通りの場所に設置してみる。


4,出力されたデータの確認

出力されたデータが正しいか確認。

車両を変換しなかった場合は車両が指定されていない、もしくは不適切なものが指定されているため、修正します。

Bvets→Senarioフォルダ以下にある(路線名).txtをテキストエディタ(メモ帳など)で開き、



Bvets Scenario 1.00

Title = 1323E通常版
Author = 柏鉄道フォーラム
Route = 武蔵野線-BVE4-1323E通常版\map.txt
RouteTitle = 武蔵野線-BVE4
Vehicle = 武蔵野線-BVE4-1323E通常版\musashino209-500\vehicle.txt
VehicleTitle = musashino209-500
Comment = Converted Document.


(柏鉄道フォーラム様 武蔵野線1323E通常版 及び 武蔵野線用209系500番台)



以上のようになっているので

Vehicle = 武蔵野線-BVE4-1323E通常版\musashino209-500\vehicle.txt

の部分のVehicle = の後に、使用したい車両に関して記述されたテキストファイル(vehicle.txtなど)までのSenarioフォルダから見た相対パスを指定し、保存します。下のVehicleTitleはBVE5の路線選択画面に表示される車両の形式名です。


5,起動

いよいよBVE5を起動して、変換した路線を運転してみます。

Bvets.exeを起動すると路線選択のダイアログが現れると思うので、上部アドレスバーの横の「参照」から変換した路線のtxtファイルが保存されているフォルダを選択します。すると下に路線の一覧が表示されるので、変換した路線をダブルクリックすると読み込んだ後開始されます。エラーメッセ―が表示された場合は、「続行」をクリックして続行します。既定で英語なので、右クリック→Languageより日本語を選択。

時々変換がうまくいかず、テクスチャが抜けてたりストラクチャ自体が無くなっていることもあります。

以上でうまくいけば完了です。

・BVE5対応データを車両を変えて使用する

後日追記します。


改訂履歴

9月6日 BVE5正式版へのリンク修正の他、一部追記。

9月7日 Internet ExplorerのSmart Screen機能で、BVE5正式版のページが不正サイトとされていたのが解除

されていたため、このページ内の該当箇所を削除。

9月8日 BVE総合ページからBVE5正式版へのリンクが修正されていることを確認したため、このページ内の該当箇所を削除。

9月10日 BVE5正式版の各ファイルの構造がim0.8から変更されていたため、変換後の操作などについて修正。またその他細かい所も。

9月11日 柏鉄道フォーラム様に関する情報を追記・修正。

10月30日 柏鉄道フォーラム様の路線・車両データのBVE5対応状況を追記。



  1. コメントはまだありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。